大切なデータを消失しないために知っておきたいこと

HOME » ハードディスク故障時の対処法 » HDD障害の原因と種類

HDD障害の原因と種類

機械としてのハードディスクの故障

ハードディスクが壊れたという場合、原因には大きく分けて2通りのものが考えられます。その1つ目が一般的に言われる機械が壊れたという状態の障害で、物理的障害と呼ばれます。

外付けハードディスクは制御基盤と磁気ディスク、磁気ディスクを回転させるためのモーター、情報を読み取るための磁気ヘッドなどで構成されている精密な機械です。1枚のディスクで膨大な情報量を管理するために微細な動きが要求され、わずかの不具合でも正確に情報を読み出すことが出来なくなってしまいます。外付けハードディスクの物理障害では「コツン、コツン」というような音がすることもあります。

ウィルスや誤操作によるデータ消失

もう1つの障害が論理的障害です。論理的障害の場合の多くは、パソコンの画面にエラーメッセージが表示されます。これは、何らかの内部要因によって外付けハードディスクの情報が破損しているためOSがHDDを認識できなかったりアクセスを拒否されたりするのが特徴で、ディスクに記録されている内容は破損していないことが多いようです。ウィルスに感染してデータを破損されてしまった場合や、誤操作によってハードディスクをフォーマットしてしまった場合なども論理障害に含まれます。

物理障害と論理障害の併発

外付けハードディスクの障害は、いつも明確に論理障害と物理障害に分けられるわけでは有りません。むしろディスクに何らかの異常が発生していて不具合が起こるため、使用者自身が復旧を試みてチェックディスクやデフラグなどを繰り返しているうちにデータの破損が広がったという場合が多いようです。

パソコンやハードディスクの動きに不具合を感じたら、放置しないで早めに対策を考える必要が有るでしょう。

 
徹底比較!外付けハードディスク復旧業者