大切なデータを消失しないために知っておきたいこと

HOME » ハードディスク故障時の対処法 » 絶対にやってはいけないこと

絶対にやってはいけないこと

最初にやるべきことは「落ち着く」

電源を入れれば当たり前に起動するはずの外付けハードディスクが起動しない。デスクトップにマウントされない。何かの間違いだろうとアクセスを試みたり、アプリケーションから呼び出そうとしてみる。次第に事態の深刻さに気付いて電源を切って入れ直してみたり再起動を掛けたり・・・気持ちの焦りから来るそうした行動が、復旧できたはずのデータを壊してしまうことが有ります

多くの場合、最初に異常に気付いた段階では、まだデータは無事です。取り返しがつかない操作をしてしまわないように、外付けハードディスクの異常時にやってはいけないことを予め頭に入れておきましょう。

直ったと思って使い続けるのが最も危険

実は壊れて全くアクセスできなくなったなら、むしろ安心と言って良いでしょう。誤操作による影響も受け付けないのでハードディスク内のデータは比較的安全な状態です。しかしパソコン本体の電源を何度か切ったり入れたりしていると、何回かに一回の割合で外付けハードディスクが普通にマウントしてアクセスできるようになることがあります。このときに「あ、直った」と思うのはとても危険です。本格的に外付けハードが壊れる深刻な前兆が現れたのですから、そのまま使ってはいけません。早急に復旧会社に相談して、安全にデータを写してもらう必要が有ります。

外付けハードディスクにアクセスできるようになったのなら、自分でデータを別のHDDに転送すればいいと考えがちですが、既に障害が出ているのですから転送中にまた突然異常が起こるかも知れません。データにアクセスしている最中に起こる異常は、大切なデータに深刻なダメージを与えることが考えられます。

デフラグ・再構築はデータの上書き

Windowsにはデフラグ、Macなら再構築という機能があります。これらは長期間ハードディスク内の情報を消したり加えたりすることによって断片化したセクタ(一つの情報を記録するのに飛び飛びの領域にばらばらに記憶されてしまう状態のこと)を整頓して処理速度を正常化するためのツールです。外付けハードディスクに障害が出たときにこれらのツールを実行すると、破損個所のデータが上書きされてしまうことで復旧できなくなってしまうことが有ります。デフラグ・再構築は上書きすることだと覚えておく必要が有ります。

 
徹底比較!外付けハードディスク復旧業者