大切なデータを消失しないために知っておきたいこと

HOME » 外付けハ-ドディスク復旧会社の選び方 » 外付けハードディスク復旧業者ランキング

外付けハードディスク復旧業者ランキング

緊急時の対応を主軸に復旧業者を比較

外付けハードディスクの緊急のトラブルの際に実際に役立つ復旧業者として、休日や祭日でも電話による問い合わせに対応できることに主眼を置いてデータ復旧業者を選んでみました。さらに電話対応だけではなく復旧作業を迅速に行うことが可能なように、自社内に復旧作業が行えるクリーンルームを持っている業者だけに絞り込みました。

初期調査料金は各社ともおおむね無料の設定ですが、データ復元料金の公示方法が異なるため比較が困難なので料金については目安となる金額を青字で記載しています。

デジタルデータリカバリー

1位
デジタルデータリカバリーのHP画像 営業日 365日無休
料金目安 20GB未満 5,000円~
20GB以上 7,500円~
所在地 〒104-0045 東京都中央区築地3-11-6 築地スクエアビル7階
これまでの実績 大企業・官公庁・医療機関・学校法人など年間2万台、96.2%の復旧率
受付時間 24時間対応(365日正月も休まず、問い合わせ、復旧作業まで対応)
電話受付時間 8:00~21:00
納期・初期調査料 最短診断30分(無料)
当日納品可能
URL http://www.ino-inc.com/

デジタルデータリカバリーはデータ復旧件数4年連続ナンバー1、業界屈指の技術と実績を誇るハードディスク復旧業者です。年末年始の休業もなく問い合わせ・持ち込み・診断・復旧・納品の全ての業務に365日対応は嬉しい限り。初期診断料は無料で一切の追加料金が有りません。目的のデータ復旧に成功した場合のみ料金が発生する成功報酬100GBの論理障害3万円から)だから安心して依頼することが出来ます。


DATA OK

2位 DATA OK 営業日 24時間無料相談
料金目安 論理障害(軽度) 25,000円
論理障害(重度) 48,000円
所在地 〒 101-0021 東京都千代田区外神田4-7-5石川興産ビル3F
これまでの実績 NTT Docomo、USEN、学校・官庁など
受付時間 24時間電話対応
持ち込みは曜日によって時間が異なる。
納期・初期調査料 調査には3時間から掛かり、重度によっては12時間ほど掛かる場合もある
復旧作業は最短で1日から3日
URL http://www.dataok.jp/

1999年からデータ復旧を行っている企業で、業界最安を目差して成功報酬制で軽度論理障害は28,000円から作業を行っています。通常料金の1.5倍で行なってくれる超特急サービスもあるようです。


オントラック(ワイ・イー・データ)

3位 オントラック 営業日 平日のみ
料金目安 Webサイトで確認できず ※要問合せ
所在地 〒358-0055 埼玉県入間市新光182番地
これまでの実績 全世界のデータ復旧市場第一位とHPで紹介されていました
受付時間 9:00~12:00/13:00~18:00
電話は24時間受付
納期・初期調査料 調査1~3日(調査のみは有料)・復旧1~3日・最短1日
URL http://www.ontrack-japan.com/

世界19カ国に拠点を置くデータ復旧企業で、世界のデータ復旧市場一位のシェア。成功報酬型


データレスキューセンター(アラジン)

4位 データレスキューセンター 営業日 年中無休とHPで記載していますが、小さい文字で朝8時~夜25時迄と書かれていました。
料金目安 論理障害(軽度) 26,250円
論理障害(重度) 52,500円
所在地 〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1-5-6 ハイヒルズビル3F
これまでの実績 国内大手企業・航空会社・JTなど業界トップクラスの「シェア」と「実績」
受付時間 8:00~25:00(年末年始を除く)
納期・初期調査料 調査48時間以内(最短6時間・無料)復旧作業は2日
URL http://www.rescue-center.jp/

データレスキューセンターでは初期調査時に修復可能なデータのリストと見積書を渡してくれます。リストを見てから復旧させるかの判断ができます。160GBまでの軽度論理障害なら26,250円からと低価格な設定です。


LIVEDATA

5位 LIVEDATA 営業日 平日のみ
料金目安 論理障害(軽度) 29,400円
論理障害(重度) 52,500円
所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-2-8 日誠ビル8F
これまでの実績 政府・裁判所・公共機関・教育機関(大学など)
受付時間 9:00~18:00
電話は24時間受付
納期・初期調査料 調査24時間(持ち込み30分・無料)復旧作業6時間から12時間
URL http://www.livedata.jp/

韓国・中国など世界各国から最前線のエンジニアを日本に集結して復元作業を行なっているそうです。復旧費用も200GBまでの論理障害31,500円から。初期診断、ディスクの取り出し、データのバックアップなどの復旧以外はサービスでおこなってくれる成功報酬型です。


私の選択はデジタルデータリカバリー

5社の中から私が選んだトップはデジタルデータリカバリーです。ハードの情報サイトなどには良く紹介されている企業なので有名だと思いますが、データ復旧の実績ではトップ企業と言って良いでしょう。デジタルデータリカバリーの強みは、復旧作業の内容ごとに専門チームを組んでいるために対応が素早く、それぞれの分野に精通した技術者がいるため障害の見極めも的確に行われることです。

さらに社外秘のデータが記憶された外付けハードディスクを扱うことも多いことからデータ漏えいにも厳重な体制がとられ、データの持ち出し・持ち込みが絶対に行えない万全のセキュリティー対策が実行されていることも、安心してデータ復旧作業を依頼できる大きな理由になると思いました。プライバシーに配慮した完全個室対応も嬉しいですね。

数多くの実績が有りながらも「お盆も土日も一切休みません」(データ復旧.comホームページから抜粋)という営業努力には多いに好感が持てますし、パソコンに詳しくない依頼者に対しては専門用語を使わずに説明してくれるという、あくまでもユーザの立場を考慮した対応を心がけている姿勢には頭が下がる思いです。以前のハードディスク障害のときに知っていたら・・と悔やまれる思いも有りますが、二度と同じ思いをしないためにデジタルデータリカバリーの名前をしっかり頭に刻み込んでおこうと思いました。

他の4社もどこも劣らない実績を誇り、設備の充実した自社ラボによる迅速な復旧作業ができる環境が整っていました。復旧費用については各社ばらつきが有りますが、障害の状態を調査してみなければ詳細な見積もりが出ない外付けハードディスクのデータ復旧料金なので、目安の金額を明示してあることだけでも良心的だと思います。良い技術を持ったデータ復旧業者が競い合ってデータ復旧技術を高めてゆくことは、日本の将来にとっても大きな財産だと感じます。

 
徹底比較!外付けハードディスク復旧業者